杙創
ここでは創傷の種類の中でも、杙創について詳しく説明していきます。

杙創とは、刺創(しそう)と同じく「刺し傷」のことですが、刺創とは違い刃物のような先端が営利なものではなく、槍や杭といった太くなっているものが刺さって出来る傷の事を言います。刺器(刺さったモノ)の形状によって創面は変わってきます。


sponsored link



【日常生活における杙創】

日常生活の中であれば、以下のような状況で受傷する例が挙げられます。

・陸上競技のやり投げのやりが刺さった
・高い所から尖った鉄柵に落ちてしまった
・事故でぶつかった時に太い部品が刺さった

日常生活ではあまり見られない特殊な怪我で起こるものです。当然ながら損傷が激しいもので、失血量も多く命の危険にさらされることも少なくない創傷になります。特に胴体部の場合は臓器を傷つけることになり非常に危険ですので、一刻も早い処置が必要となってきます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 刺創(しそう)

⇒ 挫創(ざそう)

⇒ 咬創(こうそう)

⇒ 応急処置について

⇒ 自然治癒のメカニズム




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sou0syou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。