応急処置について
ここでは創傷の応急処置として、RICE処置について詳しく説明していきます。

どのような怪我においても、応急処置は必要です。応急処置をいかに早くそしていかに適切に行うかということは、その後の回復具合やスピードなどに大きく影響してきます。大きな怪我であれば尚更重要となってきます。
応急処置の基本、RICE処置について詳しく知っていきましょう。


sponsored link



【R=Rest(休息・安静にする)】

Restとは、安静にするという意味です。特に大きな怪我で出血もある場合では、パニックになることも少なくありません。すると心拍数が上がり血流も増えるので余計に出血量が増えてしまいます。まずは座れる場所に腰掛けたり横になれる広い場所に移動して、安静にできる体勢を取り落ち着くことが重要です。

【I=Ice(冷やす・アイシング)】

Iceとは、冷やすという意味です。受傷後は患部に炎症反応を起こし腫れてきますので、冷やすことにより血管が収縮し炎症や腫れを抑えます。濡らしたタオルなどで患部に当てておくだけでも十分効果があります。

【C=Compression(圧迫・固定する)】

Compressionとは、圧迫するという意味です。患部より少し心臓に近い部分(肘なら二の腕)を圧迫することで、血流を遅らせ腫れや炎症及び出血を抑えることが出来ます。また、むやみに動かすと筋肉の動きに合わせて血流が増えるので、固定して動かさないようにすることも重要です。

【E=Elevation(挙上・高く上げる)】

Elevationとは、挙上するという意味です。患部を心臓より高い位置に上げておくことで、血流を遅らせ腫れや炎症及び出血を抑えます。圧迫と同様に重要な処置となります。


sponsored link



【まとめ】

このように英語の頭文字を並べた用語で、RICE処置という方法があります。受傷後はできるだけ早く「安静」にし患部を「冷やし」ながら心臓に近い部分を「圧迫」し、心臓より高い位置へ「挙上」する処置を施してください。
また、忘れてはならないのがあくまでこれらは【応急処置】であって【治療ではない】ということです。処置後は適切な治療を受けるべく、医療機関で診てもらうようにしましょう。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 自然治癒のメカニズム

⇒ 熱傷(ねっしょう)

⇒ 切創(せっそう)

⇒ 刺創(しそう)

⇒ 挫創(ざそう)




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sou0syou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。